bakatan3のブログ

記憶はあいまい。そんなものだと思ってる。

映画「来る」を見ました。

来るを見た感想を書こう書こうと思っていたのですが、すぐに書かなかったせいで、覚えているところが断片的になってしまってかけません。頑張って箇条書きレベルです。

こんなこと書いてしまって面白くなかったんだなって印象になると思いますが、面白かったです。すごく。

 

冒頭の色濃いめの映像がすごい不安感を煽ってよかったです。

パラパラと展開していて、なんかすごい不安になりました。うわあ、これ絶対後味悪いやつやって思います。冒頭から。

 

妻夫木さんの役がすごいうすっぺらくて前要素なくても「あ、この人上辺だけの人や」ってわかります。でも多分、最後まで見て思ったけど、本当に心の底から悪い人ではない。ただただ薄っぺらい人。運良く顔がよく生まれたおかげで「あ〜この人中身無いわ、でも顔はいいからつるんどこ」ってタイプです。本人だけが気づいていない一番かわいそうなタイプ。で、彼の結末は意外にあっさり中盤で迎えます。

 

黒木さんの演技は見てて辛くなった。コンビニとかで働いてた時にグラマラスな店長に言われたんだけど「親に育てられたようにしか育てられないものなのよ、結局」って廃棄の肉まんをさげながら言われた時のことを思い出しました。なぜ今言う?って思ったけどその直前に子供をめちゃめちゃ怒鳴り散らかした上、叩いてた色付きのメガネをかけた父親がいて「ああ、あれを見てそう思ったのね」と。その父親は私にはすごく丁寧で子供のことはすごい引っ張り散らかしてたな。私はそういう今まで見てきた記憶に語りかけられて辛くなった。あの子はもう少し大きくなったらこの親だからどうしようもできないもどかしさをどこにぶつけるんだろうか、と。(その親がどんな奴かは知りませんが、すみません)黒木さんの豹変するところ見ものでした。

 

松たか子さんはもう厨二心くすぐるビジュアル。左目に線が!入ってる!(右目だったらごめんなさい)いったいどんな霊と対決してそのような傷が...。常に冷静沈着な松たか子さんの出て来るシーンすべてゾッコンラブ。松さんのシーンだけの総集編みたい。そしてラスト松さんのシーンは裏切らなかった。私がもし厨二でこの映画を見たら必ず自分に置き換えてなんらかの妄想をしてる。かっこよすぎぃ!

 

柴田理恵さん。すごい。めっちゃ仕事してた!女子高生みたいな感想になってしまったけど、ほんとに最後まで自分の仕事してた。沖縄のシャーマンは少しも仕事させてもらえなかったのに・・。

 

岡田さん。ごめんなさい。かっこよかったんだけど見て2週間以上経った今記憶がない。

 

小松さん。生活感の中のエロさ。ごめんなさい!可愛かった。

 

見てすぐ感想かけばよかった。面白かったのにな。クライマックスに向けてのワクワク感がすごいある映画で、ホラー映画と歌ってはいるけどそれではなかった。けどドキドキして観れました。